シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2017年01月28日

1500万円の家+α ♯構造

割付.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所

先日に「構造の打ち合わせ」をして、ざっとプランを見てもらい

「芳しくない部分」を洗い出してもらいました。

結果、屋根の折板だけでは「屋根の水平構面=屋根面の水平耐力」

が計算上成り立たないとの助言を受けて、折板の下地に合板を張ろ

うか、または折板を諦めて一般の金属屋根にするかの金額を含めて

の再検討が必要になりました。

個人的には、屋根の折板はソフトが計算できないだけであって、手

計算ですれば成り立つと思うのですが。


上記以外にも、模型を造る前段階として「サイディングの割付」を

横張りで行ってみました。

結果、どうしても重要な最下端のサイディングを6p程切らなけれ

ばなりません。

メーカに問い合わせたところ「ひび割れの原因」になりやすいとの

見解です。

もう少し検討して、どうしても横張りが芳しくなければ、大壁工法

の縦張りにしようかと思います。

これも多少の予算アップの要因です。


posted by アース・アーキテクツ一級建築士事務所 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000万以下で住宅を建てる!

2017年01月21日

1500万円の家+α ♯プラン

175プラン.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所


いよいよ「1500万円の家」シリーズの第一弾がスタートします。

今回は床面積27.5坪のプランとなり、1500万円+αの家です。

本体価格は1750万程度の金額(税別)を予定しています。

「解放感にあふれた、とてもコンパクトな住宅」というテーマに沿って

5.46m×5.46mのBOXを3つ組み合わせてコンパクトさを追求しました。

両側の道路が狭い(4m)為に道路斜線制限に適合しません、それで

今回は天空率による措置での対応としてあります。

プランの大まかなレイアウトは、1階にLDKと畳の寝室+書斎+水回り

+玄関、2階は納戸と子供部屋となっています。

屋根はガルバリウム鋼板の折板葺きとし、内側に遮音と断熱を兼ねて

の断熱材を吹付けます。

折板葺きについては、もちろん予算を抑える意味もありますが、将来

に屋根を葺き替える時にも「上から同じ折板を被せるだけ」という

メリットと、工期がとても早いのが採用理由の一つです。

外壁は無塗装のフラットサイディングに吹付塗装仕上げとし、コスト

を抑えました。

これからこの住宅が完成するまで、業者とのやり取りなど「表に出て

こない部分」等も発信していきたいと思っています。

 
posted by アース・アーキテクツ一級建築士事務所 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000万以下で住宅を建てる!
リンク集
Powered by さくらのブログ