シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2017年07月27日

1500万円の家+α ♯土台

土台敷.JPG
アース・アーキテクツ一級建築士事務所

刻み加工(機械の場合のプレカット)も終わり、土台を敷いていま

す。

「1500万円の家」では土台は「桧の105角」を使用しますが、

今回は建築主の要望もあり「桧の120角」としました。

構造計算をしてみると分かりますが、105角と120角では「柱部分

の引き抜き力」による曲げ強さが格段に違います。

桧には「シロアリに侵されにくい」、「腐りにくい」という木の性

質があり、なおかつ柱の「めり込み耐力」も強く土台にむいている

樹木です。


桧は杉などに比べれば少々お高いですが、柱と土台に桧を使って

も全体の金額から見れば「わずかな割合」のアップにすぎません。

私の個人的な意見ですが、イタリアン家具のようなキッチンを使う

のであれば「構造体に金額を割り当てる方」をお勧めいたします。
 
posted by アース・アーキテクツ一級建築士事務所 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000万以下で住宅を建てる!

2017年07月14日

1500万円の家+α ♯刻み

刻み3.JPG

刻み1.JPG
アース・アーキテクツ一級建築す事務所

手刻み(木構造体を組み上げるための加工)も大分進んで

きました。

一般的には機械で刻み(プレカット)ますが、下側の写

真にあるような複雑な木材の加工は機械ではできません。

機械で木を刻むよりは、当然「手刻み」の方が金額はアップ

しますが、こだわりのあるお客様にはお勧めします。


今回は大工さんの方から「従業員の職人さん」の腕を落したく

ないのでと提案され「手刻み」での加工となりました。

こんなことを言ってくれる大工さんも少なくなったので、とて

も良かったと思っています。




posted by アース・アーキテクツ一級建築士事務所 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000万以下で住宅を建てる!
リンク集
Powered by さくらのブログ