シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2018年03月29日

玄関ポーチの手摺

玄関手摺.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


玄関ポーチに手摺(握り棒)を取り付けました。

たまに遊びに来る「オジイちゃん・オバアちゃん」

用の手摺ですが、滑りやすい雨の日などにも便利

です。

普段は使いませんので「これぞ手摺」というデザイ

ンは避けて、シンプルにデザインをしてみました。

また「本格的な手摺」を作るよりは「握り棒」の方

が安く済みます。

見た目の違和感を避けたかったので、地面から立

ち上げて「植栽との一体感」を試みて、使い勝手を

考えて上の先端部分を少し折り曲げてあります。

その結果ですが、ちょっぴりとアート感も出ました。
 
posted by アース・アーキテクツ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2018年03月23日

ポスト

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


設計をしていると、

ポスト一つ取り付けるにしても悩みます。

外壁に穴を開けて、そこにポスト口を取り付ける

のが「見た目と使い勝手」は一番いいのですが、

雨仕舞まで考えたポスト口が少ないのが現状です。


最近は外壁に大きなポストを取り付けたり、外構に

壁を作って、そこにポストを取り付ける方法が多く

なってきました。

「お金を掛けないで、デザイン的に気に入った方法」

を模索していましたが「これも有りだなと思い」試さ

せてもらいました。


ポスト.JPG

サビ鉄板(チェッカープレート)にステンレスのボルト

で既製品のポストを取り付けてみました。

ポストとサビ鉄板の間にはステンレスのナットを入

れてクリアランスを取っています。

造園屋さんとのコラボで考えましたので、石と苔に上

手くマッチして「庭との一体感」が出ました。

 


posted by アース・アーキテクツ at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2018年03月16日

再・庇

gaibu2.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


最近は窓の上に庇をつけないお宅が多くなり

ました。

理由はデザイン的に邪魔者!、という事なの

だと思います。

また、エアコンの普及によって窓を開けること

が少なくなったとも思います。

しかし、雨の多い日本に住んでいてエアコンに

多少なりとも頼らない生活をする為には、庇は

最低限必要な装備かと思います。


庇を付けると、何故デザイン的に劣ってしまう

のか?

全てではありませんが、庇の厚みに問題がある

のかと思います。

たしかに、窓の上に10cm位の厚みの庇が取

り付くと少し鈍重なイメージになります。

庇を少し薄くしてやったり(強度上は問題ありま

せん)、スチールプレートの亜鉛メッキ、ガラス、

ポリカーボネートの平板などで庇を薄くすると、

それ程デザイン的に劣らないと思います。

 
posted by アース・アーキテクツ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2018年03月10日

階段手すり

手摺.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


階段の手すりの意味は、

階段を昇り降りする人の介助の為の「安全対策」

だと思います。

廻り階段では手摺を取り付ける位置は、一般的に

回る外側の壁に付ける場合がほとんどです。

しかし人間の習性としてショートカット(内側を回

る)をしようとします。

人間の習性を考えると、手摺は廻り階段の場合は
 
、階段を回る内側の壁に取り付けた方が有効に利

用されると思います。

ただ高齢者や足腰の辛い方は、廻り階段の外側の

壁に手すりを取り付けた方が安全に昇り降りでき

ます。


余談ですが、昇り降りしやすい階段の寸法という

のもあります。

一般的には大人の場合「蹴上高さ×2+踏面巾=

61〜65と言われています。蹴上高さ(階段1段の

高さ)は住宅では20p位を多く採用します。

それを上記の式に当てはめると20p×2+踏面巾

(階段の巾)=61〜65となり、踏面巾は21p〜

25pとなります。
 
posted by アース・アーキテクツ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2018年03月04日

階段

階段.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


階段にも様々な形と材料があります。

最近は無垢板、又は集成材が一般的です。

一昔前の高級住宅には、絨毯を張った階段なども

よく見かけました。

階段の支え方も色々と工夫されて、お洒落な階段

もとても増えてきました。

鉄骨の回り階段に代表される、鉄骨で下地をかけ

て、そこに木の板を載せて反対側まで見通せる階

段(ストリップ階段)が人気です。

階段がお洒落になると、階段を見せたくなってし

まうのが人の心理だと思います。

そこで最近は「リビング階段」がとても人気です。


しかし安易に「リビング階段」を取り付けると、冬

の温熱環境に悪い影響を及ぼして、床廻りが冷える

ことに繋がります。

空気は温められると「軽くなって」上へと登ります。

逆にサッシで「冷やされた空気」は重くなって床に

滞留します。このサッシで冷やされて床が寒々とす

る現象を「コールドドラフト」といいます。

 
リビング階段はとてもいいのですが、提供する側も

上記の「ネガティブな部分」を説明する必要がある

と思います。

個人的には住宅に「北国並の断熱性能」を与える、又

は容量の大きな暖房機器(薪ストーブ・業務用エアコ

ン)を取り付けなければお勧めはできないと思ってい

ます。


階段室型の階段(写真のもの)を取り付けても、丁寧

な仕事をすればけっして「安易な安っぽい感じ」には

ならないと思います。
 


posted by アース・アーキテクツ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋
リンク集
Powered by さくらのブログ