シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2018年04月27日

再 トタンの天井

事務所.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


独立した頃に格安の事務所を探していて、見つ

けたのが今の事務所です。

元々は大家さんのおばあさんが駄菓子屋をおこ

なっていた所です。

広さも丁度よかったのですが、築30年以上の

ボロボロの小屋?

しかし値段に負けて、即契約!!

格安の材料と格安のアイデアで改装して、なんと

か事務所になりました。


その中の「格安のアイデア」を1つをお披露目いた

します。

改装前の天井は大きな穴が数か所開いていて、天

井のボードは今にも落ちそうでした。

そこで、落ちてきそうなボードを抑える為に下から

シルバーのトタンを張りました。

前から一度、天井にトタンを張ってみたいとは思っ

ていましたが、こんな形で実現しました。

結構インパクトがあって、評判は上々ですよ。
 
posted by アース・アーキテクツ at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | リノベーション

2018年04月20日

再 視線の抜け

nuke.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


住宅を設計していて、出来上がったプランにとても

息苦しさを感じる事があります。

感覚的な事ですので、同じプランで息苦しさを感じ

るかは人それぞれですが。

息苦しいと感じたら、納得のいくまで気持ちの悪い

部分を取り払います。


同じ間取りでも建具をガラスの建具に変えてやった

り、息苦しいと感じる外壁に透明硝子の窓を切って

あげると、息苦しさが開放感に替わる場合がありま

す。

透明硝子などによって視線を出来る限り遠くへ導い

てやる事を「視線の抜け」といいます。


視線が抜けていく部分を効果的に空間に取り入れて

いくと、閉鎖感=息苦しさが和らいで気持ちのいい

開放感を演出できます。

出来れば、その視線の抜けていく先に緑が配置され

ていれば解放感と潤いを同時に手に入れる事ができ

ます。
 
posted by アース・アーキテクツ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2018年04月11日

鉄骨でバルコニー

00001.jpg

P1040576.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


バルコニーの存在を消したかったので、

バルコニーを細く、薄く見せました。

バルコニーを細く、薄く見せるには強度のある

鉄骨が向いています。

手入も楽なように「亜鉛メッキ」も施してありま

す。


バルコニーの床には「木の角材」を置いて、上か

ら鉄の板をビス留めして、動くのを止めています。

一般の防水を施した床だけで比べると「格安」で

仕上げることができました。


中央に柱を一本建ててありますが、この柱の意味

は、バルコニーの下地鉄骨を取り付ける「木の梁」

にはバルコニーの下地鉄骨によって「ねじれの力」

が加わります。

その「ねじれの力」を極力小さくする為に柱を一

本建てました。


このバルコニーは「使用用途」はほとんどありま

せん。物干しに使用するわけでもないし、目の前

に壮大な景色が広がっている訳ではありません。

夏場の日射対策としての庇代わりと、建物の外

観に「堀の深さ」を出す為のデザイン的な要素で

取り付けました。

一見、とても無駄なように思えますが、これも一

つの「建築的な観点」からの重要な役割を担って

います。
 
posted by アース・アーキテクツ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2018年04月05日

基礎の足元

P1040572.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


基礎の足元に植栽の「下草類」を植えてみました。

無機質な基礎のコンクリートに潤い感を持たせる為

に。

今回は「タニカ」、「ヤブコウジ」、「コクリュウ」

、「オモト」を選びましたが、手入が面倒という方は

手入いらずの「タマリュウ」だけでもいいと思います。

道路境界沿いに植えましたので、ここを通る人の目

を楽しませるのも目的の一つです。


住宅地や街中が少しずつ潤いに溢れていけば殺風

景なアスファルトとコンクリートのイメージが変わっ

ていくと思います。
 




posted by アース・アーキテクツ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋
リンク集
Powered by さくらのブログ