シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2018年08月27日

プランの創り方

白い家.jpg
広々リビング

Low cost 9.jpg
対面キッチン+パントリー

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


プランの創り方は人それぞれですが。

まず最初は、どんなものにスポットをあててイメージ

を膨らませるかが重要になってきます。

最初は建築主様の「ご希望を聞くところ」からスター

トします。多いご希望は「家事動線」、「小さいお子様

の見守り方」、「収納」などです。

ただこれらの「ご希望」は現実の生活が主体になってい

ますので、ここから住宅全体のイメージを膨らませる事

は至難になってきます。

出来れば「別荘のような家」、「庭を楽しむ家」、「暖炉

に集まれる家」などのイメージを膨らませやすい言葉があ

るととても助かります。

厳選された1枚の写真があれば、なおいいのですが。


「現実的なご希望」はイメージを膨らませた中で、イメ

ージと一体となって取り入れていくという方法が、私が

個人的には好きな方法です。


上の「1500万円の家」のプランは、「緑の中でも、都市で

も映える三角屋根の白い家」というイメージを先行して考

えてみました。

そのイメージの中で「ご希望」によって、上の写真のように

リビングの広々感を重視したものと、下の写真のように対

面キッチン+パントリーを重視したものに展開できます。

これで「ご希望」に合わない場合は、「イメージの練り直し」

からやりかえる事もあります。


イメージがあれば様々な展開も可能ですので、まずはイメー

ジ創りを大切にしたいと思います。
 
posted by アース・アーキテクツ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2018年08月17日

折れ戸

折れ戸.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


「折れ戸」は一般的にはクローゼットの扉などに使用します。

この建物の折れ戸は「キッチンを隠す為」に使用しました。

この建物では普段はキッチンは使用していませんので、この

ように折れ戸でキッチンを隠して、部屋をシンプルにスッキ

リと見せています。


以前に私が設計した賃貸マンションでも、可動間仕切りとし

て折れ戸を使用しました。普段は20帖以上のリビングダイニ

ングとして使用しますが、子供が大きくなったりして「一部

屋必要になった時」は可動間仕切り(折れ戸)を閉めて5帖

程度の個室を作る事も可能にしてみました。


このように折れ戸はクローゼットの扉以外にも、多用に使用

する事も出来ます。

使用しない時には、たたみ幅は多少はありますが、たたんで

置いてもそれほど邪魔になるほどのスペースは必要としませ

ん。

カーテンやアコーディオンカーテンでは、少し物足りないと

いう仕切り方に適していると思います。
 
posted by アース・アーキテクツ at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2018年08月04日

テレビ台

無印スッタキングシェルフ.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


このテレビ台は「無印良品」のスタッキングシェルフ

です。

見た目は「カラーボックス」の高級品という感じですが

造りはとてもしっかりしていて、様々な使用用途に対応

出来ると思います。基本的には縦で使用するようですが

、横置きで使用しても「とてもしっかりしている」ので、

重いもの載せなければ大丈夫だと思います。


付属品(別売り)で引出、扉、バスケット等、収納する

ものによって色々と選べます。

本体だけ先に買って、後から必要な付属品を買えるのが

いいですね。

また扉だけ「造作家具屋」さんに造って貰えば高級感が

出ると思います。

丈夫ですので、金物を上手に選べば「吊戸棚」にしても

面白いと思いますよ。
 
posted by アース・アーキテクツ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り
リンク集
Powered by さくらのブログ