シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2019年08月22日

型枠

21.型枠組.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


「高基礎の平屋」の基礎のコンクリート打ちの為の型枠

組みが完了しました。

高基礎ですので、基礎の底からは1.5mあります。

型枠の組み方も、一般の木造住宅の型枠組みに比べ

て頑固になっています。


基礎が高くなれば、コンクリートの打設時に型枠にかか

る圧力も高くなりますし、コンクリートを綺麗に打つ為に

バイブレーターをコンクリートの中に入れたり、型枠を

木槌でたたいたりします。

そのような衝撃にも耐えるように、少し頑丈に型枠を組

まなければなりません。


暑い季節ですので、コンクリートの養生(散水等)も行わ

ないと、コンクリートの天端にヒビ割れなどが起こってし

まいます。

コンクリートは乾いて固まるのではなく、水との化学反応

で固まります。気温が高くて水の乾燥が早すぎると、上質

なコンクリートが打てませんので、暑い時期は散水等をし

てコンクリートの水分の蒸発を遅らせます。

 
posted by アース・アーキテクツ一級建築士事務所 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 木造住宅の出来るまで♯1
リンク集
Powered by さくらのブログ