シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2019年08月31日

ミニマルな住宅

01-1.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


最近「断舎離」とか「ミニマル」という言葉を耳にするよ

うになりました。

余分な物を持たないとか、最低限でという意味かと思いま

す。


建築設計を永く行っていると、様々なお施主様と打ち合わ

せをしてきて、建てた住宅が今はどのように使われている

のかも、一部ではありますが気に留めています。


私に設計を依頼した「建築主様」だけかもしれませんが、

「建てるその時の状況」を優先した方よりも、建てるその

時は多少の不便をしても「将来を見据えた住宅」を建てた

方の方が、上手に生活していると感じる事が多々あります。


将来に子供が住めるようにと2世帯住宅を建てたが、結局

お子様は仕事の関係で住まなかった等や、仕事の付き合い

でお客様を呼べるようにと「広間」を作ったが、今は洗濯

物干し場になっている等。

大きなローンを抱えたが、ローンに見合う働きをしている

とは思えない住宅もたくさんあります。


全てではありませんが私個人的には、世の中のコマーシャ

ルに乗って「欲しいもの」を全て詰め込んだ住宅よりも、

「家族が仲良く暮らして、普通の生活が営めるだけの最低

限の住宅」で生活している方の方が、「生活の上手さ」を

感じます。 

「将来に必要なものは継ぎ足せばいい」くらいのおおらかな

気構えが「ちょうどいい」と思います。

posted by アース・アーキテクツ一級建築士事務所 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方
リンク集
Powered by さくらのブログ