シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2019年11月23日

壁の胴縁下地

27.梁表し天井.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


「高基礎の平屋」の内壁の「胴縁下地(壁に付いている細

い木材)」です。

最近は内部壁のボード下地としての「胴縁」が減ってき

ました。

見えないところにはお金を掛けたくないという施工サイド

の考えがあるのでしょうが、廊下等の寸法に余裕がある

場合や予算にも多少の余裕がある場合は、「胴縁下地」

があった方が便利だしボードのクラック(割れ)が入りにく

くなります。


内部壁の「胴縁下地」は一般的には300間隔又は、450

間隔で取付けます。後で家具の耐震補強金具等も「胴

縁下地」があれば割と簡単に、そしてしっかりと取り付け

られます。


小さな地震時等の時などにも「胴縁下地」が構造体とボ

ードの干渉帯となり、ボードのクラック(割れ)が入り難く

もなります。


作った家に長く住むためには、このような「見えない部

分」への配慮も必要だと思います。
 
posted by アース・アーキテクツ一級建築士事務所 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 木造住宅の出来るまで♯1
リンク集
Powered by さくらのブログ