シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2020年01月23日

ガス管の取替え

平成8年に通商産業省(現:経済産業省)から発行されました

「消費者行政ニュース」においては、屋外埋設白ガス管の取替

え周期は20年とされております。また、住宅金融公庫の「賃

貸マンションリフォームローンのご案内」におきましても、屋

外ガス管の計画改修周期は20年とされています。

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/



駐車場土間.JPG

「高基礎の平屋」ではLPガスのガス管は、ガスボンベからガス

給湯器までの配管(給湯以外はガスの使用はありません)を外

周の砂利敷きの部分に埋設しています。

駐車場のコンクリート土間部分にも「スリット」を設けて、そ

の部分に埋設しています。


上下水道管などは配管に漏れがあっても、大事故につながる恐

れはありませんが、ガス管は地中で漏れがあって滞留した場合

は大事故につながる恐れがあります。

ガス管に関しては土間コンクリートなどで埋めてしまわないで、

簡単に「点検」、「交換」が出来る配慮をとっておきたいもの

です。
 
posted by アース・アーキテクツ一級建築士事務所 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2020年01月11日

高基礎の平屋

外観1s.jpg
南側外観

DECK2.jpg
デッキ

DECK1.jpg
デッキ2

外観3s1.jpg
北東側外観

階段s.jpg
ポーチ階段

リビング6-1.jpg
リビング

リビング4s.jpg
リビング

リビング5s.jpg
リビング

DECK2.jpg
キッチン

寝室1s.jpg
寝室

玄関1s.jpg
玄関

外部物入s.jpg
外部用物入れ

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


「高基礎の平屋」の建つ地域は以前から近くの河川が

氾濫しやすく、水害の多い地域です。その為にこの地

域の民家は造成をして地盤面を上げてあります。


「高基礎の平屋」では「造成」ではなく「高基礎」を選択

して、工事金額を抑えてあります。


雪深い地方にある別荘をイメージして、庭代わりの大

きなDECKを南側に取り付けて、DECKの前には木を

植えて、別荘のようなリゾート感のある暮らしを意識し

て設計しました。
 

posted by アース・アーキテクツ一級建築士事務所 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 設計事例
リンク集
Powered by さくらのブログ