シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2017年09月29日

1500万円の家+α ♯下地

36 壁下地・天井下地.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


天井と壁の下地です。

サッシ周りはサッシ枠とサッシの下地の間の10mm位の隙間か

ら冷気が屋内に侵入しないように下地で囲ってあります(隙

間には断熱材も詰めてあります)。


壁の「吹付断熱」と屋根のボード系の断熱材(ブルーの色)の

納まりもよく分かると思います。

天井下地の上にはグラスウールを敷いて、小屋裏は2重断熱とし

ます。グラスウールと屋根の断熱材の間は「通気層」となってい

て冬の天井裏の湿気を排出します。

静岡は「省エネ計算」においては6地域で温暖な地域になっていま

す。その理由で、この住宅の2重断熱は「夏を主として」考えてあり

ます。北国では、これとは違う断熱の考え方と断熱性能を追求しなけ

ればなりません。


壁の吹付断熱は外壁側に吹いていますので、天井のグラスウールとの

間に数pの隙間が出来てしまいます。大工さんにお願いして、「通気

止」としてグラスウールを折り曲げた物をこの隙間に差し込んでもら

います。10年ほど前までは、このようなことを大工さんにお願いすると

嫌な顔をされましたが、最近は断熱に対する姿勢が変わってきて「当た

り前」のように行って頂けるようになりました。
 

posted by アース・アーキテクツ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000万以下で住宅を建てる!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181134521

この記事へのトラックバック
リンク集
Powered by さくらのブログ