シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2010年01月19日

建物のできるまで・・鉄骨造住宅 地鎮祭

jitinnsai.JPG
アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


先日・・

冬の暖かな日に地鎮祭がとり行われました。

これから工事監理のスタートです。

「工事監理」とは・・

お客様の立場に立って現場が図面通りに、また期日通りに

進んでいるかの確認の仕事です。

後での修正が不可能なところはとくに入念に行います。


工事監理に必要な七つ道具を紹介します。

 デジカメ、スケール、三角スケール、図面と打合せ内容をとじた
 
 ファイル、計算機、A4判メモ帳、マジックペン、ハデな色のガム

 テープ、ヘルメット、タオル

ここで重要となってくるのが、A4判のメモ帳とマジックペンとハデ

な色のガムテープです。

現場で間違って施工されているところに、訂正内容を書いたメモ

をハデな色のガムテープで貼っておきます。

・・もちろん、MAIL・FAXとの併用です。


職人さん・現場監督さんと打合せを重ねて・・

現場は進んでいきます。

打合せ・すり合わせが少ないと小さなミスが重なってきます。

小さなミスが重なってくると・・

欠陥が起こりやすくなってきます。

欠陥を未然に防ぐ為にも、工事監理は重要となってきます。


  






posted by アース・アーキテクツ at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄骨造の基礎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34831069

この記事へのトラックバック
リンク集
Powered by さくらのブログ