シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2010年01月23日

外との繋がり

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


以前から・・

近所付き合いが希薄になったとよく耳にします。

マンションなどでは

隣の住人さえ全く知らないという人もいるようです。

近隣とのお付き合いで、住宅ができることを少し考えてみます。


マンションで、近隣とのお付き合いが希薄になりやすい理由として

廊下に面する開口部の絶対量が少ないのと、

玄関に付いている味気のない重々しい防火戸が

原因の一つのように思います。

あの防火戸が何とかなれば・・

ほんの少しだけ内部の気配が外に伝わってくれば・・

少しだけコミュニティーも広がると思います。


戸建住宅はどうでしょう?

最近は分譲地が狭く区画されて、

道路沿いには駐車場を確保するために

高い塀を巡らせるお宅が少なくなりました。

それだけで、道路からの圧迫感が少なくなって

とてもオープンのように感じるのですが・・。

やはり・・

カーテンをしっかりと締め切ったお宅の、少し重い感じのする

アルミの扉はなぜか気軽に近づけない感じです。

庭に子供の遊び道具が散乱していたり・・

カーテンが少し開いていたりすると・・

少し緊張が解けてきます。


人生の難題を、一人で全て解決するのは難しいと思います。

時には近隣の手助けも必要になる時があります。

住宅には、人が入ってきやすい気さくな雰囲気造りも大切だと

思います。


道路からの視線を隠すには、いろいろな方法があります。

例えば樹木を使って視線を遮ったり・・

木の格子の塀でやわらかく視線を遮るなど・・。

また玄関扉も柔らかな雰囲気の木の扉を使うだけで、訪れる人

の気持ちを和ませてくれます。








posted by アース・アーキテクツ一級建築士事務所 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34901280

この記事へのトラックバック
リンク集
Powered by さくらのブログ