シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2010年04月17日

住宅のフレキシブルについて・その2

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


フレキシブル=柔軟性という意味です。

では、住宅の柔軟性はと言うと・・?

簡単に表現すると、将来に対応できるという事です。


一般的には「家族の将来」を予測するのが難しい、またプランを決

める段階で「家族の将来の変化」を考えている時間がとれない・・

などの理由で、短い時間でプランを決定している方がほとんどだ

と思います。


人生に一度の大事業を短い時間で決定してもいいんでしょうか?

住宅の設計は「人生設計」の一部だと思います。

様々な角度から「家族の将来」を検討する時間の必要性を感じま

す。


「家族の将来の変化」を予測するのは難しいですが、「変化に対

応できる住宅」を一度は考えてみる事も必要だと思います。

出来上がったその時に多少の不便を感じても、将来に余裕と含み

を残しておくことをお薦めします。

まずはnLDKというコマーシャルに乗らない事も必要ですし、

造りすぎない事も重要になっていきます。

それ以外には構造躯体と設備配管等への配慮も必要になってき

ます。

一つの方法としては「変化する部分」と「変化しない部分」を明確

に分けておくという考え方もあります。


 











posted by アース・アーキテクツ一級建築士事務所 at 13:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋
この記事へのコメント
はじめまして
我が家は2世帯同居の新築住宅です。
ブログ内容とっても勉強になりました。将来を考えて「変化する部分」と「変化しない部分」をわけて考えたいと思います。
応援ポチです。
Posted by てつぽん at 2010年04月25日 15:30
てっぽんさん
コメントをありがとうございます。
いい住宅ができるといいですね。
Posted by アース・アーキテクツ at 2010年04月26日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37180497

この記事へのトラックバック
リンク集
Powered by さくらのブログ