シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2010年09月04日

団らん

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


最近「団らん」という言葉をあまり聞かなくなりました。

その原因の一つとして家族が家で過ごす時間が短くなった事が

挙げられると思います。

そもそも「団らん」とは自然発生的な行為です。

家族が自然に集まり、食事をして会話が発生して・・。


限られた時間に、家族が自然に集まる為には、「居心地のいい

場所」が必要だと思います。

その居心地のいい場所とその他の部屋の関係(間取り)が、その

家族に適しているかが重要です。

いい換えると、住宅とその家族の間に「上手な住まい方」が出来

上がるかが決め手だと思います。


家族のすれ違いが多い今だから・・

家族が自然に集まれる「上手な住まい方」を考えてみる必要があ

ると思います。

 





posted by アース・アーキテクツ一級建築士事務所 at 10:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋
この記事へのコメント
はじめまして。

おっしゃるとおり、
住環境は「団らん」と深く関係がありますね。

ただ美しくてカッコイイ建築ではなく、
人と人との心を大切していきたいものです!

大変参考になりました!
また、お邪魔させていただきます^^。
Posted by 小笠原村の屋根工事見積りサイト at 2010年09月04日 16:14
小笠原村の屋根工事見積りサイトさんへ
ありがとうございます。「人の心をつかむ建築」も大切ですが、「人の心になじむ建築」もとても重要だと思います。
Posted by アース・アーキテクツ at 2010年09月08日 13:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40524514

この記事へのトラックバック
リンク集
Powered by さくらのブログ