シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2018年10月20日

3-BOXの庭が完成しました。

029-1.jpg

03-1.jpg

06.jpg

020.jpg

028.jpg

09.jpg

012.jpg

08.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


庭が完成して

(実際は3月に完成していましたが、グランドカバーの

ダイカンドラが地面を覆うまで待ちました。)

木々越しにみる建物はとても清々しく感じます。

リビングの窓から見える景色も、庭を造る前とでは大

分変わりました。

建物と建物周辺の景色が、青空と相まって「爽やかさ」

を醸し出してくれて、意図していたリゾート感を出すこ

とが出来ました。
 
posted by アース・アーキテクツ at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 設計事例

2018年02月07日

One On One 小さな住宅


スリットのある塀を1階の開口部の前に作って、道路

からの視線を緩く制御しました。また2階には大きな

バルコニーを設け、建築主様の好きなGreenを置いて

バルコニーを庭のように扱い、2階での開放感を演出

しました。

2階はプライベート専用ですが、1階のリビングダイニ

ングのリビング部分は可動の間仕切りによって、独立し

たゲストルームに早変わりします。ダイニングからは、

キッチンを通って玄関への裏動線が確保されています。


アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/



gaibu1.jpg
外観(ファサード)

LDK1.jpg
リビング・ダイニング

居間食堂1.jpg
リビング・ダイニング

LDK2.JPG
リビングのコーナーの飾り棚

寝室.JPG
寝室

dokusyo.JPG
読書室

キッチン.JPG
キッチン

gennkann .JPG
玄関

デッキ.JPG
バルコニー
posted by アース・アーキテクツ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 設計事例

3-BOX 1800万円の家

「解放感にあふれた、とてもコンパクトな住宅」という

テーマに沿って5.46m×5.46mのBOXを3つ組み合わ

せてコンパクトさを追求しました。

開口部を大きくとって冬の日光を沢山取り入れて、夏の

日差しは「軒の深さと袖壁とバルコニー」によって、ある

程度制御できるように工夫してあります。

一般的に「開口部の大きい建物は耐震性に劣る」場合

が多いですが、この住宅は「サッシの内側に筋違を入れ

て耐震性能を確保」してあります。その結果として「構造

計算上は耐震等級3」という結果でした。


無駄を極力省いて1800万円(税・エアコン・カーテン・地

盤改良・設計料・抵当権設定・登記費用・諸費用等別途)

で、満足のいく仕上げが出来ました。


アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/



029-1.jpg
南側外観

03-1.jpg
南側外観

020.jpg
南側外観

06.jpg
南西側外観

000022.jpg
外観-夜景

09.jpg
リビング

012.jpg
リビング

00003.jpg
リビングからダイニング方向を見る

00009.jpg
ダイニングからキッチン方向を見る

014.jpg
キッチン

000011.jpg
寝室

000010.jpg
寝室の天井見上げ

000012.jpg
寝室の壁と天井

000013.jpg
書斎

000018.jpg
2階個室

000020.jpg
納戸

08.jpg
玄関

階段.JPG
階段

バルコニー.JPG
バルコニー見下げ

028.jpg
ポスト
 
posted by アース・アーキテクツ at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 設計事例

2018年02月01日

Days 小さな庭を楽しむCafe


20111108-104111v2.JPG
ファサード

kyakuseki .jpg
客席

DAYS外観3.jpg
南側外観

テラス.jpg
テラス

庭.jpg
小さな庭

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


郊外の住宅の密集した地域にあるため、明るさの確保

と開放感・潤い感の演出がテーマでした。テラス屋根

の型ガラスによる光の拡散と、窓の切り取り方で明るさ

を確保してあります。スリットのある目隠し塀と植栽で、

奥行き感と潤い感を演出してみました。



posted by アース・アーキテクツ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 設計事例

2018年01月22日

ビルトインガレージのある家

北側外観.JPG

A邸5.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


駐車場を鉄筋コンクリートの「打ち放し」で造り

その上に中2階を載せました。

駐車場の上のコンクリートの床は、駐車場の横の

アプローチ部分に雨が降って、アプローチの横の

植栽が活き活きと育つように、意図的につけてあ

りません。


中2階部分と奥の2階建て部分は、構造的には

縁を切ってあります。

木造と鉄筋コンクリートでは地震時の振動係数

が異なる為に、「ジョイント部分が壊れないよう」

にする理由からです。
 
posted by アース・アーキテクツ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 設計事例

2018年01月15日

直営工事で造った家

西草深の家1.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


建築主様の要望は「豪華に見えない家」でした。 高級

住宅が集まっている地域でしたが、あえて建築主様の

要望に答えてガルバ リウムの小波板を横張りにしまし

た。

ガルバリウムの小波板を横張りにすることによ って、

横のラインが強調され シャープなイメージとなりま

した。


もう一つの建築主様の要望は「直営工事で行う事」で

した。建築主様自らも積極的に「自宅の新築」に参加

して頂きました。

直営工事のメリットは、建設会社が入らない為に経費

を削減できることです。

ただ設計事務所が積算と現場監督も出来ないと、逆に

高い建築になったり、現場の段取りがスムーズにいき

ません。

デメリットは「責任の所在」が明確でない部分が出て

きます。

経済的な責任の追及に関しても、責任逃れをしない

「信頼できる職人さん」を選ぶ必要もあります。
 
posted by アース・アーキテクツ at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 設計事例

2018年01月12日

ほっとステーション 児童福祉施設

静岡市にある小さな児童福祉施設です。障害者の為の作

業を目的にした民間施設で、設計料別途で800万円(15坪)

の建物です。

床は断熱材を敷いた基礎の土間の上にモルタル塗、外壁は

ガルバリウムのトタン張りで、内部の腰壁は車椅子に対応

するために、OSB合板を貼ってあります。


アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/



外部完成1.jpg
外観

完成10.jpg
内部1

完成2.jpg
内部2
閉めてある扉の奥にはキッチンを収納してあります。
(子供たちがイタズラしないために)
 
posted by アース・アーキテクツ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 設計事例

2018年01月11日

アペルトU 集合住宅

採算性を第一に考えて、これからの集合住宅の変化に

対応するフレキシビリティーを備え持っています。

バルコニーの手すりの杉板と、建物の横に貼ったレンガ

タイルが、年月が経つと「いい感じ」の風合いになります。


アース・アーキテクツ一級建築士事務所 
http://earth-architect.jp/


アペルトU外観.jpg
外観

ポーチ2-a.jpg
エントランス

アペルトUキッチン.jpg
キッチン
 
posted by アース・アーキテクツ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 設計事例
リンク集
Powered by さくらのブログ