シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思います。

2010年12月24日

CA2.house 価格

CA2.house kakaku.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


入念な見積りをして・・

CA2.houseのプロトタイプ(試作品)金額を算出しました。

本体価格は1655万円(諸費税別途)となりました。

これを坪単価で表すと約55.5万円の価格です。


仕様としては下記で見積りしました。

  構造形式:在来木造軸組み工法

  基礎:鉄筋コンクリートベタ基礎

  外壁:モルタル塗の上に弾性リシン吹付け

  屋根:ガルバリウム鋼板立ハゼ葺き 

  内部床:無垢の杉板フローリングの上に自然塗料塗り

  内部壁:ビニールクロス貼り

  内部天井:ビニールクロス貼り(リビング・ダイニングのみ構造梁を露

         出します。)

  内部建具:全て建具屋さんにオーダーする造作建具です。

  外部建具:アルミサッシ(単板ガラス)、玄関ドアーはオーダーの木製

         桧板張りです

  設備:オール電化仕様になっています。

下記の工事は別途となります。
 
  (外構工事、エアコン工事、カーテン・ブラインド工事、地盤改良工事、

  登記・ローン費用、水道加入金)

 
本体工事費以外に設計料と消費税が別途必要となります。

設計料の内訳は下記になります。
 
 意匠設計・監理料(
※監理に関してはこちらをご覧ください)120万

 構造設計料 20万円

 (安全を納得出来るものとする為、構造計算を行います。)
 
 地盤調査費・敷地調査及び測量費 7万円


このプロトタイプでは本体工事費と設計・監理料を合わせて1802万円と

なります。


CA2.houseのコンセプトの一つである「2000万円以下の価格」の範囲

内で納まりました。


実際の建物を建てるにあたっては、敷地条件・建築主様のご要望等は

千差万別です。

プランによっては上記の金額よりさらにローコストになる可能性もあり

ますし、またその逆も考えられます。


建築主様のご要望を一つ一つ噛み砕いての、慎重かつ丁寧な

作業の連続によって、「自分らしさのある住宅」は完成します。

建築主様、設計者、施工者の全てが納得して「愛着の湧く気持ちの

いい家」は出来上がります。

カタログを見せる簡単な数回の打合せでは、納得のできる住宅は出来

上がらないと思います。人と人との関り合いによって生まれる「違う

視点からの発想・アイデア」を大切にしていきたいと思っています。
 


posted by アース・アーキテクツ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000万以下で住宅を建てる!

2010年12月18日

CA2.house プラン

CA2 Plan.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


CA2.houseプロトタイプ(試作品)のプランです。

平面的には1・2階共コンパクトに、かつ広々感を演出できるように

考えてみました。

1階は写真の黄色で表した部分がLDKとしての1室空間です。

リビング・ダイニングは天井の梁を表しにして、天井に変化と

ダイナミクスさを与えるつもりです。


階段はリビング階段になっていますが、リビング・ダイニングと階段室

は、壁の中に引込可能な建具で仕切っています。

夏は建具を全開にして、階段室の大きな窓からの風の通りを重視し、

冬は建具を閉めて、LDKの暖気が2階に逃げないようにとの配慮

です。


2階は可変性に対応出来るように、寝室とウォークインクローゼット

になると想定されるスペースとトイレのみを仕切ってあります。

その他の部分は、家族の成長と共に自由に仕切をつける想定になって

います。
 

このプランはプロトタイプ(試作品)ですので、実際の設計では

ご家族の要望・ライフスタイル・好みのデザインは千差万別だと

思います。


「2000万円以下で、気持ちよく住める愛着の湧く住宅」のコンセプト

の基に設計してみました。



ちなみにプロトタイプ(試作品)床面積は1階が48.65uで2階が50.5

uとなり、述べ床面積は98.7u(29.85坪)になります。

床面積も2000万円以下で納まれば、基本的に自在です。

もちろん変形敷地においても問題はありません


 
posted by アース・アーキテクツ at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000万以下で住宅を建てる!

2010年12月10日

CA2.house プロトタイプ

CA2 proto.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


以前にこの場で発表しました「CA2.house コンセプト」を基にプロト

タイプ(試作品)を設計してみました。

建築家と造る・気持ちのいい住宅を2000万円以下の価格で・・


外観は無駄な部分を全て削ぎ落とし

シンプルな木造の総2階のフォルムとしました。

外壁は、2000万円以下に抑える為に3種類ほどを考えています。

 一つはモルタル塗りの上に弾性吹付けリシン仕上

 二つめは無塗装のサイディング張りの上に塗装仕上

 三つめはガルダン(ガルバリウム鋼板の裏側に断熱材を裏打ち)の

 スパンドレル張り

 また上記の外壁材の併用など・・

プロトタイプの床面積は30坪程となり、建築費(カーテン・エアコン

を除く)は1700〜1800万円になる予想です(設計料は140万円−構造

計算料共)。


価格だけではなく、
「愛着の湧く長く住める家」もコンセプトの一つです

ので、デザインと価格のバランスを大切にしたいと思っています。


この模型は試作品ですので、想定で制作してあります。

実際には、土地の形状・土地の向き・建築主様のご要望などは千差

万別のはずです。

建築主様と設計者の双方が十分に納得しながらでのフリープランの

プロジェクトですので、時には発想の転換も必要となるかも知れま

せん。


しかし十分に吟味し納得して建てた住宅には、十分な愛着が湧くと

確信しています。


平面プランと見積も順次アップしていきますので、ご期待下さい! 

 
posted by アース・アーキテクツ at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000万以下で住宅を建てる!

2010年12月04日

薄く・軽やかに

yane.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


邸宅は別として、一般的な小住宅では破風板(写真の屋根の茶色

の部分)の厚みと、住宅のスケールが合っていないお宅が多々あり

ます。

破風板の厚みが住宅のスケールより厚過ぎると、屋根がとても重々しく

鈍重に感じます。


一般的な屋根構造で行うと、破風板の厚みは25センチ前後になり

ます。

構造強度の落ちない範囲で、「ひと手間」かけて破風板を薄くすると

屋根が軽やかになって、屋根にシャープなラインをだすことができ

ます。

写真の住宅は「ひと手間」かけて破風板の厚みを10.5センチとし

屋根の軽やかさを表現してみました。


設計段階で住宅のイメージをつくって、

「その住宅のイメージに見合った各部分の煮詰め」という作業も、

「気持ちのいい住宅」を造る意味において、とても重要になってきます。

 
posted by アース・アーキテクツ at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2010年11月27日

素足で過ごす

sugiita.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


写真は私の事務所の杉板のフローリングです。

夏は靴下を脱いで素足で仕事をしています。

素足で仕事をしていると・・

リラックスできて、とても気持ちがいい・・。


床材には多種多様があります。

その中で素足に適した床材となると・・

コルクタイルか無垢のフローリングが最適だと思います。

無垢のフローリングも種類によって、

肌が触れた時の感触がそれぞれです。


ナラに代表される堅木のフローリングは、とても材料の

密度が高く・堅くて傷がつきにくいという長所を持って

います。

反面、湿気を吸い取りにくく、素足での感触はそれほど

でもありません。

素足の湿気を吸い取りやすいフローリングとなると、

一般的には杉が一番です。

しかし杉はやわらかく材料の密度が荒い為、傷がつきやすく

汚れも吸い込みやすいという難点があります。

素足での気持ちよさと傷のつきにくさを両立させるのは難

しいのですが・・。

桧のフローリングは素足での感触もよくて、杉よりは傷が

つきにくく汚れも吸い込みにくい材料です。
 
 
posted by アース・アーキテクツ at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2010年11月19日

外を楽しむ

terrace.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


数年前からオープンテラスのカフェが街に出来てきました。

真冬は別にして、

他の季節は外の空気をそれぞれの人が楽しんでいるようです。

ヨーロッパの街では当たり前の事ですが、

ようやく日本でも、外の空気を楽しむ風潮が浸透してきたようです。


日本でも田舎の民家などでは、建具で仕切られていない縁側があっ

て、そこでお茶や3時のおやつを楽しむ習慣がかつてはありました。


休日にブランチをしたり、ビールを飲んだりと・・

外で楽しめる場所があると、生活の巾がとても広がると思います。

出来れば雨の日でも楽しめるように・・

深い庇が付いていると便利です。

人間の習性ととして、ただ外部に居るよりは屋根がついている方が

安心するようです。


ただ、深い庇は屋内を暗くするので、屋根材は光を通す材料を選ぶと

いいと思います。
 

posted by アース・アーキテクツ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2010年11月13日

CA2.house コンセプト

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


プロジェクト名 CA2.house

長年思い続けてきた企画をこれから本格的にはじめていきます。

「気持ちのいい住宅」を良心的な価格で・・。

プロジェクト名のCは価格の透明性(クリアー)と創造性(クリエイティ

ブ)、Aは愛着の湧く長く住める家(アッタチメント)、2は2,000万円以

下での価格を表しています。


建築業界の慣習であるブラックボックスに包まれた価格に、透明性を持

たせる事は容易ではないと思っていますが、ある程度の自信もついてき

ました。

職人さんも、自分の目で確認した「あるレベル以上」の腕と心を持った方

に依頼していくつもりです。

木造住宅が中心となりますが、木造にも構造計算を行って、安全をより

納得のできるものとします。


基本型のプラン模型積算が完成したら・・

この場で発表していきますので、乞うご期待!!


posted by アース・アーキテクツ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000万以下で住宅を建てる!

2010年11月06日

スローTIME

P1020911.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


ここはとてもスローな町です。

レトロで風格のある建物がところどころに点在していて・・

気に入った建物があると、リフォームの飛び込み営業をしながら、

たまに街を散策しています。


魚と猫と、入り組んだ細い道と・・

漁師町の風情がいっぱいです。



P1020909.JPG

夕暮れ時の海岸には・・

ロッド・スチュワートのスタンダードなJAZZがとてもお似合い。


 
posted by アース・アーキテクツ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2010年11月01日

森の家

morinoie.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


森の中にいるような、清々しい気分で毎日を過ごしたいと思い、

「森の家」というタイトルを付けました。


以前から「日本の家は夏を主として考えるべし」といわれてきました。

しかし最近は生活スタイルの変化と土地の事情から、

夏を主として考えた住宅が少なくなってきたと思います。


「夏を主として考える住宅」とは・・

夏の蒸し暑さと照り返しを少しでも和らげるよう、

また梅雨時の湿気の不快さを少しでも取り除こうと、

大きな開口部からの「風の通り」と「長い軒の出」による降雨対策でした。

また、高い天井懐よる熱気対策も重要でした。


この住宅は、そんな先人の知恵を生かした住宅です。

5mの奥行の東西に長いフォルムとし、

建物の南北には、風の抜けを考慮した大きな開口部を設けてあります。

また屋根は日射対策として2重断熱にしてあります。


大きな開口部は、地震時に弱点になりやすいという理由で、

開口部の上のタレ壁を、地震時の耐力壁の回転に抵抗する為の

梁として考えてあります。


庭に植える大きな落葉樹の木陰とのハーモニーで、

暑い夏も窓を全開にして、気持ちよく過ごせれば・・と思いを込めて

設計しました。

 


posted by アース・アーキテクツ at 14:49| Comment(1) | TrackBack(0) | プロジェクト

2010年10月23日

再・シンキングスペース

?R[i[.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


人間は大昔に、洞穴で暮らしていた頃の

遺伝子の記憶が残っているのでしょうか。

タイトな空間に入り込むと、

妙に・・落ち着く事があります。


子供の頃の、カーテンを閉め切った2段ベッドの空間とか・・

天井の低いロフトの空間など・・。

とても居心地がいい!


勉強などに集中するには

北側の直射日光の届かない、安定した淡い明るさの空間が最適

だといわれています。


そんな空間が一家に一つあると

集中して考え事をしたい時には、とても救われる気がします。

その空間はシンキングスペースとでも名付けましょうか。


パソコンルーム・図書室・書斎兼用でいいと思いますが

シンキングスペースは少しタイトで、

開口部は小さめで、

天井高さは低く抑えて、

北側の安定した淡い光が入ってくる場が最適だと思います。


 
posted by アース・アーキテクツ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2010年10月16日

広く見せる

morino ie.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/



小さな店舗などで、壁一面に鏡を貼ったところを見かけます。

鏡を貼ることによって、小さな空間に奥行を与えて

広く見せようとしています。


住宅などで壁一面に鏡を貼るのは少々ためらうと思います。

本来は一室空間として広々とさせればいいのですが、

そこは各家族の諸事情と光熱費・構造等の問題もあります。


以前にこのブログで書きました「視線の抜け」と重なりますが、

小住宅を広く見せるコツは・・

視線を遠くまで伸ばす事が重要です。

全ての扉(出来れば引き戸)を解放すれば

建物の端から端まで視線が抜けていく・・

そんな計画(プラン)を住宅に取り入れると

解放感と広がり感を手に入れる事が出来ます。


視線が抜けていく途中に奥まった部分を造ると、

その奥まった部分の先に何かがありそうで・・

より広がり感が強調されます。

 
posted by アース・アーキテクツ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2010年10月09日

断熱材

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


最近HMのCMで外張り断熱を強調しています。

あれほどTVで流されると・・

これからの時代は「外張り断熱だっ!!

・・と洗脳されてしまいます。


断熱材の種類は大きく分けて次の3種類になります。

 1、繊維系断熱材(グラスウールなど)

 2、ボード系断熱材

 3、吹付け断熱材

外断熱(外張り断熱)は主にボード系の断熱材を使用します。

しかしボード系といっても、断熱材の為それほど強度はありま

せん。

強度のない断熱材に直接外壁を施工するのは問題があるかと

思います。

そこで外壁材を支持する為に、コストをかけて施工しています。

HMはそこを重要視しているように思えてなりません。


断熱性能自体は外断熱と内断熱で大差はありません。

要は断熱材の性能と施工精度によると思います。

北国は別として、断熱材の施工自体がかなり軽く見られていて

特にグラスウールの安易な方法での施工が目につきます。


グラスウールを施工していると体中がチクチクしてきて

ひどい時には皮膚が赤くなってきます。

ガラス繊維を体に吸い込むのも良くないと聞いています。

こんな状況ではいい施工もできないと思います。


最近グラスウールに替わる化学繊維を使ったものが多少使用さ

れるようになってきました。

これは職人さんも体が楽だと思います。

体が楽に施工できるものは、丁寧な施工も行える可能性が高い

と思います。


 


posted by アース・アーキテクツ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2010年10月02日

魂に響くものを追いかける

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


最近読んだ本の中にとてもいい言葉がありましたので、それを

書き記します。

 魂に響くものだけを追いかけていけば、

 自分にいらないものがどんどん排除されていきます。

 魂を満たすことによって、自分の中のネガティブの

 感情が消えていき、愛情が湧き、人生が良い方向へ

 動き出します。

                       原田 真祐美




物と情報が溢れている現代は、何が自分にとって本物かを見極

めるのがとても困難だと思います。

打算とかコマーシャルに乗って一時を満足するよりも、本当に

心が欲している事を探す努力をしていかなければ・・と感じます。


 


posted by アース・アーキテクツ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2010年09月25日

初秋の里山

satoyama.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


旧東海道の岡部宿から車で5分ほど走ると・・

奇麗な川の流れと

牧歌的な山々の景色が現れてきます。


この景色に抱かれていると

とてもさわやかな

心地いい気分になってきます。

そんな気分になりたい時は・・

缶ビールと椅子を持って出かけたいところですが、

そこは・・コンビニのコーヒーで我慢!!


この景色の少し先には玉露の里のトイレと売店もありますので、

少しさわやかな空気を吸ってみたい時には如何でしょうか?

 


posted by アース・アーキテクツ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2010年09月04日

団らん

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


最近「団らん」という言葉をあまり聞かなくなりました。

その原因の一つとして家族が家で過ごす時間が短くなった事が

挙げられると思います。

そもそも「団らん」とは自然発生的な行為です。

家族が自然に集まり、食事をして会話が発生して・・。


限られた時間に、家族が自然に集まる為には、「居心地のいい

場所」が必要だと思います。

その居心地のいい場所とその他の部屋の関係(間取り)が、その

家族に適しているかが重要です。

いい換えると、住宅とその家族の間に「上手な住まい方」が出来

上がるかが決め手だと思います。


家族のすれ違いが多い今だから・・

家族が自然に集まれる「上手な住まい方」を考えてみる必要があ

ると思います。

 





posted by アース・アーキテクツ at 10:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋

2010年08月28日

すすき

susuki.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


暑いですねっ!

ニュースでは毎日・・

この「普通じゃない暑さ」が報道されています。

でも耳を澄ませば・・

セミの鳴き声は一時期の大合唱からはトーンが落ちたし、

夜になれば鈴虫が奇麗な鳴き声で鳴いています。

すすきでも見ながら・・

秋を感じて下さい^^


 


posted by アース・アーキテクツ at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2010年08月20日

いいテーブル見つけました!

table1.jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


シンプルなデザインで

ムクの木を使用して

リーズナブルな価格設定の家具はなかなかありません。


スタンダード・イーさんのテーブルは、

とてもシンプルでリーズナブルです。

このテーブルだったら、とても長く付き合えそうです。


空間に溶け込むオーソドックスでシンプルなデザイン・・

食卓用としてだけではなく、

生活の様々な用途にも対応できそうです。

材質はナラ材ですので、傷がつきにくくとても丈夫。

長さが180pのもので、お値段が16万円弱・・

かなりお手頃な感じです。




小さなタイプも・・


table2.jpg

                  スタンダード・イー







posted by アース・アーキテクツ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2010年08月13日

里山の家

satoyama1.JPG

satoyama heimenn .jpg

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


「外の景色と一体になれる開放的な空間」

をコンセプトに設計してみました。

建物を貫く巾4.5mの大きな視線の抜けによって

内部に居ても常に外の自然を感じられるよう意図してあります。


建物が自然の景観を壊さないように・・

平屋で切り妻屋根というフォルムを選択して、

建物が里山の景色に溶け込むように配慮してあります。

 




posted by アース・アーキテクツ at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクト

2010年08月06日

ダイカンドラ

daikanndora.JPG

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


住宅にとってGreenはとても重要です。

気持ちを和ませてくれるし・・

住宅を引き立たせてもくれます。


しかし放っておくと庭はたちまち雑草に占領されてしまい、

毎年の刈り込みと虫対策にも時間と労力を使います。

簡単にGreenを維持できる方法は無いのでしょうか?


今、維持管理が簡単なGreenをテスト中です。

その名は「ダイカンドラ」!

最近少し注目されているグランドカバーに使うGreenです。

乾燥にも耐えるし、踏みつけられても大丈夫。

後はダイカンドラが地面を覆った時に

雑草をどの程度抑えてくれるかです。

それはまた来年に・・。

 
posted by アース・アーキテクツ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2010年07月30日

溜りをつくる

アース・アーキテクツ一級建築士事務所
http://earth-architect.jp/


最近の傾向として

居間に玄関が取りつくプランが多いと感じます。

これにはとても共感します。


このプランの特徴は

帰宅して、一度居間を通ってから各個室などにアクセスするので

家族が顔を合わせる機会が多くなり、

また廊下という移動空間を抑える事で、

抑えたスペースを他に割り振る事が出来ます。


ただ上手にプランを組み立てないと、

居間に何本もの動線が走って、居間が移動する為の空間になっ

てしまう恐れがあります。


居間の本来の目的である「くつろぎ」「落ち着き」を確保する為

には、動線から離れたところに「溜り」をつくる事がとても重要

だと思います。


tamari.JPG




posted by アース・アーキテクツ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅設計の知恵袋
リンク集
Powered by さくらのブログ